のぐち母乳育児相談室

全ての女性のために…
のぐち母乳育児相談室は、様々な年代の女性の心と体に寄り添う助産院です

0000085774.jpg

のぐち母乳育児相談室TOP ≫ 《ブログ》お時間のある方は、ここからどうぞ

つぶやき

卒乳についてPART1

卒乳ってね、教科書にこうあるべき!みたいな記載は多分ないんだと思います。
でも、こんな方法、あんな方法みたいな情報はインターネットに山ほど載っていますよね。
でも、ラレーチェリーグという団体では、おっぱいさよならについて書かれた冊子もあります。
以下はわたしの体験です。
おっぱいのやめ方ではないです。
 
一人目のおっぱいさよならの時
 
一人目を授かるまで5年間妊娠できなかった私が、その子が1歳2ヶ月の時に2人目を自然と授かりました。すごく驚きでしたが、結構良くある話ですよね。
 
いまから14年前です。当時は断乳が当たり前みたいな流れでした。
受診していた病院でも、妊娠したらおっぱいはやめてください。と言われていました。ネットを開くと、妊娠してても授乳は継続できる…みたいな情報もちらほら目にしました。
本当のことはどうなんだろう…と思いながらも、 外来に行くとおっぱいはやめてね、と言われるので、やめなくちゃダメなんだなーと思い、断乳を決意しました。
 
その時、母乳のことで通っていた助産院で、母乳育児をしているママたち向けの会報誌みたいなのを作っている人がいました。その方に、「助産師さんの断乳体験記みたいなのを是非記事にさせてください」って言われました。
私は、上の子にまだまだおっぱいあげたかったし、この子を育てながら、もう一人を育てていく自身も本当になくって、不安の中で押しつぶされそうで、断乳だって、どうやってやったらいいのか、大切なこの子に悲しい思いをされるんじゃないかって、毎日泣いていた時にそんなことを言われて、とても悲しかったことを覚えています。
 
多分その時の気持ちが今の卒乳講座につながっている部分は、とてもあります。正しい知識を持って、決して後悔してほしくなくって、断乳だろうが自然卒乳だろうが、長く立って短くたって、自分の出した答えに間違いはないって、自身を持って欲しいっていう思いがとてもあります。
 
そんなこんなで、長女は1歳4ヶ月で断乳しました。あえて断乳と書かせていただきますね。
天気のいい土曜日、朝から近くの体育館にパパと遊びに行きました。
そして、お昼までたくさん遊んでもらって、車の中でうとうととお昼寝をしてお家に帰ってきました。
私は、たくさん遊んで帰ってきた2人を迎えるのに、アンパンマンのプレートにお子様ランチを作って待っていました。
「おっぱいバイバイできてえらかったね〜たくさん遊んで楽しかったね〜アンパンマンのご飯食べたら、どこ行こうか?」そんな話をしながら、おっぱいを思い出す暇がないくらい、たくさんお話したと思います。
そして、昼からも、遊びに出かけました。
そして、夕方は、近くの公共温泉に行きました。そこで、お風呂に入って、夕食食べて、車に乗る時には、「今日はもうおっぱいないからね〜このままネンネしていいよ」って伝えて車に乗せました。お家について、今まで多分成功したことはなかったであろうに、車からお布団に無事に起きることなく移動できました。
ほっとした私と夫。
そして、夜中の2時に泣いておきました。「おっぱーい」と泣くので、「もうないないだよ」と言ってお茶を飲みました。そしたらもう一回スーッと眠ってくれて、ホッ。
朝7じにものすごく泣いて、わんわん泣いて、おっぱいが欲しいといいました。
その時、夫が、車の中に置いてきたぬいぐるみを取りに行こうって外に連れ出してくれました。お部屋に戻ってきた時はもうけろっとしていました。
これを最後に、彼女はおっぱいが欲しいと言って泣くことはなくなりました。
断乳二日目も、朝から晩まで夫に遊んでもらって。二日目の夜は泣くことなく眠り、3日目からはお昼寝もちゃんとできるようになりました。
 
おっぱいさよならする前に、カレンダーにアンパンマン書いて、毎日2人でバイバイの練習しました。その時通っていた助産院の先生には、かわいそうって思ったら、こどもはもっと泣くからね。決してそんな表情は見せないんだよと言われて、夫婦でとにかく頑張った思い出です。
夫は、もう達成感いっぱいだったようです(^◇^;)
その日から、長女と夫は、べったりくっついて眠るようになりました(・_・;
ちゃんとお話すると泣かないでやめられるんだな〜と思った経験です。
 

2016年02月26日 21:59 |コメント|

添い乳


今日は添い乳ができるようになりたい!っていうママが来てくれました。生まれてからずーっと、3時間ごと、5分5分で授乳するっていうのがいいのかなぁと思われていたみたいで、合間泣いた時は、抱っこであやしたりしててくれたんですね。そしたら少し疲れがたまってきちゃったのかな、そろそろ添い乳したいなぁって思ってくれたみたいです。
そして、授乳クッションもはずせたらお外で授乳ができるのに〜って思ってたみたいで。ちょうどよかった!はずしましょう!
そして
横抱きで授乳して、その後、ずーっと添い乳していただきました。家では抱っこじゃないと寝ないんです〜寝たと思ってもすぐ起きちゃって…………
添い乳して、ママが抜けた後のお写真、いただきました😎ママの了承を得て、使わせていただいています。
ぐーっすり寝てて、なかなか起きない(・_・;かわいい〜後ろ姿^o^
2016年02月23日 12:48 |コメント|

ベビーマッサージについて

先日ベビマカフェを開きました。
内容をもう少し詳しく書きますね。受付後・14の質問事項が壁に貼ってあり、それに当てはまる方各自シールを貼ってもらいました。質問はというと、
授乳をして乳頭が痛いと思った経験のある人?
産後夫にイラっときたことがある人?
夜中のおっぱい、ミルクがたいへーんって思ったことのある人?
育児に困った時、インターネットで検索したことがある人?
その情報がとっても役に立ったことがある人?etc.
そして、ベビマ終了後に、シフォンケーキと赤ちゃんパン、タンポポ茶を飲みながら、その質問をみんなでみて、
30人中(スタッフもいれて)何人でしょう〜みたいなことをやりました。みんな案外同じようなことですか悩んでるんですよね。
そして、私から産後のホルモンのお話、赤ちゃんの特徴を交えてその理由をお話させてもらいました。ここが長くなっちゃいました。
時間もおした中、あらかじめ書いてもらった、黄色い質問用紙に私がお答えしたり、参加者みなさんから知恵をいただいたりしました。たくさんの知恵が集まるのはいいですね!お母さんがたの生の声こそ、本当に使える知識なんですよね!

ベビーマッサージもとってもいいと思います。でも、お母さんたちって、毎日山ほどこどもを触ってあげている。抱きしめてあげている。
型にはまったマッサージもとっても素敵な効果があることと思います。
でも、忙しくてお家ではできる時間がないひともいますよね。
そんなママさんが、ここに来た時だけでも、ちょっとベビマをかじれて、そして、自分が主役になって癒される、そんな場になればいいなーなんて思って開催しています。
というわけで、私の講座の売りは、みなさんで色々な話題を共有しましょうというところにあります。マッサージをたくさんしたかったママさんたちお許しくださいね〜〜(^◇^;)
2016年02月14日 12:26 |コメント|

痛く吸う時…大きい子編

0000346676.jpg
とっても可愛い子ちゃんでしょ〜❤️
実は、年前だったかなー?サンタさんが来るとか来ないとかの時だったかな〜?
イオンで偶然会いまして。そしたら吸う時に痛いんですとママさんが言っていて。
黙ってられないわたしは、また話し始めます(^◇^;)
場所がどこであろうと構わずおっぱいの話をしてしまう妖怪みたいですよね(^◇^;)妖怪ウォッチで見られたら絶対に何か取り付いていると思います…
もう2歳近いわけですから、歯がはえているせいなの?って思うかもしれない。
でもね、歯が生えてたって痛くない子は痛くないんです。ということは…歯が原因ではないんですよ〜

添い乳でも、横だきでももう一度体と体をくっつけて飲ませてみて。
横抱きだったら、ママの体の中心から乳房に顔を向けて上がってくるように。そい乳だったら、体と体とピッタリくっつけて、こどもは、お布団の中にもぐりこんだりするような高さから、乳房に向かって体をなめるように上がってきてみて、ママの足と足の間にこどもの下半身を挟んじゃうように(ちょっとふざけ気味)にくっついてみて。お試しあれ〜みたいなお話をしました。
そしたらこの間あったら、痛くなく飲めるようになったっていうんです✌
トラブルがなければ好きに飲めばいいんですよ
ただ、一度トラブルがあった時は、もう一度基本にお戻りください!
きっと答えはそこにあります!

2016年01月31日 13:44 |コメント|

おっぱいが吸えない時

これまで何度も書いてきましたが、うちに来てくれるお母さんのお悩みでよくあるのが、直接吸えない、のけぞって泣いてしまう…です。
去年もいました。
搾ると100ml以上出るのに、吸ってくれない、それはそれはとても辛いお悩みです。
わたしから、乳房に押し付けることはしません。(たまにてがでてしまいますが…)
手を出しても、そうやって吸ってくれたおっぱいは、おうちではうまくかないもんです。赤ちゃんの本能を、お母さんの母性を最大限に引き出してあげる。乳頭の匂いを嗅いで、赤ちゃんが口を、嫌がらないで口を開けてくれるよう、胸に優しく抱くことから始めます。
そうすると、赤ちゃんは乳頭を探し始めます。次に口をあけはじめます。
授乳に一番適した状態というのは、泣いている時ではありません。なくちょっと手前、穏やかに目が覚めている時と言われています。泣いてしまうとこどもたちの緊張が強くなってしまうので、おっぱいをさがすお口は小さくなってしまいます。舌が後ろに下がってしまいます。
そんなとこから始めたママさんが、年末5ヶ月になったところで最後の哺乳瓶をやめることができました。吸えるようになるまでには1週間くらいだったけど、そこから山あり、谷あり、コンスタントに飲めるようになるには、時間が必要でした。ママもパパも、おばあちゃんも、我が子が苦手なことをじっくりと待ってくれて、やっとその日を迎えることができました(^^)

よかったよかった(^^)

2016年01月17日 10:01 |コメント|

誠実に・正直に・寄り添い続ける…

0000342865.jpg
恥ずかしながら…昨年ピックアップという情報誌の表紙にしていただきました。
そのときに、座右の銘?というか、信念というか?好きな言葉?を書いてくださいと言われました。
そこで、誠実に・正直に・寄り添い続ける書かせていただきました。
果たして?どんな意味と思われた方もいたのかもしれないですね。

私だって、失敗もあります。よくわからないこと・知らないこと・勉強不足なこと・一生懸命やったって、ダメな時もあります。

そんな時は、必ず正直にお伝えします。私が伝えるべきことなのか、小児科のお医者さんにお答えいただいた方がいいことなのか、保健師さんの分野なのか、もっと他のところなのか。今、どうすることがお母さんにとって、プラスのなることなのかを一緒に考えます。

母乳育児がなかなかスムーズにいかない時…
そんなことだって多々あります。今日お会いして、今日からうまくいくということだってあります。
でも、少し時間がかかる時もあります。そんな時は、必ずママと赤ちゃんが気持ちいい毎日を送れる日が来るように、今何が起こっているのかを、冷静に、正直に判断して、自分の力不足も認め、寄り添い続けることを、日々大切にしています。

自分が力不足だなぁと感じた時もたくさんあります。
なので、私は年に何度もあちらこちらに勉強しに行きます。一体いつになったら、終わりが来るんだろうっていうくらい、学ぶことはつきません。
赤ちゃんもお母さんも100人いたら、一人としては同じではありません。
お母さんがたと赤ちゃんに出会うことも、本当に学びの毎日ですよね。

母乳育児期間は、短い人もいれば、長い人では、何年に渡る人もいます。その期間を支えるためには、どれだけ知識があっても足りないくらいです。

もしも、今困っている人がいたら、これまで貯めてきた、私の知識が必要な人がいたらどうぞご連絡くださいね。

2016年01月15日 15:24 |コメント|

28年 あけましておめでとうございます(^^)

一年に何回か更新できないページですが、私がどんな考え方を持ってお仕事しているのか、どんな方が当院にきてくれるのか、そして、その方たちが、その後どうなっていくのか…そんなことを知ってもらえるといいなーと思って、時々つぶやかさせていただいています。
今年もよろしくお願いいたします^ ^

さて、去年一年…
伝えたかったけど、伝られなかったこと。
慌ただしく過ごしているうちに、年が明けてしまいました。

授乳中の食事制限について…

私は国際資格ですから、ステーキやハンバーガーの国が本部ですし、香辛料をたくさん使う国にだって、とてもグルメな国にだって、ラクテーションコンサルタントはいます。
いろいろなネットを見ていると、とにかく授乳中にまつわる食べ物の制限がとにかく書いてあります。
その中には日本人だから、日本人にあった食事があるんだから…と言うことも書いてある。それはきっとそうなんだと思う。昔もう20年前、アメリカ、シアトルに少しの間留学しました。その間、ホストマザーがあまり料理を作る人じゃなくて、毎晩外食で、そしたら、数日経った時に、もうハンバーガーは嫌だ…って思ったな〜なんて思い出しましたりもしました。そんな味覚の話だけじゃなくて、日本人には日本人の血液とか、体が喜ぶものがあるんでしょうね。アメリカンな食事をしていたら太ってしまうだろうし、決して健康にも良くないんだろうしね。

でもね、あれもダメ、これもダメなんておかしいと思う…
お肉ダメ、パスタダメ、小麦粉ダメ、ひどい時は、魚の皮についている脂身もダメ?
トウモロコシもダメとかね…

一体今まで何食べて生きてたの?って言う人もたまに出会います。

1日1500kcalを下回った食事を1週間続けると、乳腺炎になるリスクがあがるという文献もあります。
みんな普通にしようよ。
普通に家族みんなで楽しめるご飯を食べようよ。上の子を育てながら
母乳育児をしているお母さんが、時々、ラクできるような食事だっていいじゃない。

うちに来てたお母さんで、どこから聞いてきたんだったかな?玄米餅がいいって聞いてきて、その日から、ジャブジャブおっぱい出た人いましたよ(o^^o)
やってみて、ダメなら、気をつければいい。何もやってみないうちから、制限する必要はないと思う。

私的には、食事制限云々前に、赤ちゃんがちゃんと飲み取れているのか確認しますがね。
未だかつて、食事制限を私から言って、乳腺炎を治した人、白斑を再発しないようにした人はいません。

だから、私は今年もやります^o^
美味しいランチ付きの講座をたくさんやりましょ〜〜

美味しいふうむさんのパンや、おるとさんのスープ、いしださんの豚汁✨

おかあさんがたが、、自分の血を分けて作っているおっぱいに、美味しいも美味しくないもありません。

お母さんがた自信を持って、楽しい生活をしましょうね(o^^o)



2016年01月12日 10:25 |コメント|

イトオテルミーについて

わたしは、イトオテルミーという温灸療法の療術師でもあります。
はじめてイトオテルミーと出会ったのは、二人目の妊娠中…8ヶ月くらいの時です。背中が苦しくて息ができない…息を吸うんだけれど、入っていかない…みたいになりまして、背中が凝ってたんですね。それで妊娠前に一緒に働いていた婦長さんがこれをやっていたのでお電話しました。すぐに来てくれて、背中をサーっと温めてくれました。
そしたら「息が吸える^ ^」となり、それからも肩が上がらない、頭がいたい、つかれた…という時に施術してもらっていました。女の人は、薬を飲むだけでは解決しないような症状がありますね。そんな時にそっと寄り添えるのがイトオテルミーだと思います。昨日、末っ子が高熱を出しました。坐薬をさしても、全然下がらなくて…いったいどうしたんだろう?心配性の私は、悪い病気なんじゃないかと、頭をよぎり…
「テルミーしてみる?」って聞いたら、「うん」って答える。
足と背中だけ、温めてみました。そしたら、少し汗が出てきて。夜も坐薬をさしたけど、全く効かない…そして、また温めてみました。
そしたら、汗が出てきて、着替えたいと言いました。
そして、今朝(o^^o)元気になりました!
坐薬が嫌だった末っ子は、「おしりの薬は全然効かない💢ママのテルミーが一番効く^ ^」と言ってました。
医学は大切なんだけどね、その一歩手前でできる、家庭でできるお手当てもやっぱり大事だな〜なんて改めて感じました。
2015年11月05日 09:51 |コメント|

神様からの贈り物

0000322242.jpg
一人目の子どもを育てているときに、こんな絵本に出会いました。

赤ちゃんが生まれるとき、神様は一人一人の赤ちゃんに贈り物をくださいます。天使が運んでくるのです。
あかいほっぺの赤ちゃんには、「よく わらう」を、
おおきい赤ちゃんには、「ちからもち」を、
泣いている赤ちゃんには、「うたがすき」を、
よく動く赤ちゃんには、「よく たべる」を、
すやすやねている赤ちゃんには、「やさしい」を、
天使が届けてくれました。
「かみさま すてきなおくりものを ありがとう」

こどもが小さなとき、一緒に読みました。
自分たちは、何をもらってきたの?と子どもたちは絵本を読んでいるわたしに聞きました。
長女いつも泣いていたので、「うたが好き」だね^ ^
次女は、いつもスヤスヤ寝ている子だったので、「やさしい」だね^ ^
長男は、我が家の中では一番大きいので、「ちからもち」かな。
三女とは、この話をしたことがないけど…元気な子なので、「よく食べる」かな。

長女が泣いてばかりいるときに、この絵本に出会って、嬉しかったのをふと思い出しました。
皆さんのお家のお子様は、何をもらってきたんでしょうね(o^^o)

2015年10月19日 20:02 |コメント|

乳頭保護器について

乳頭保護器と言われるものがあります。
使うことを勧められた方もいることと思います。

いつになったら取れるんだろうな〜?つけてるけど、飲めてるのかな?と思って使い続けている方もいるかと思います。
一つ、大切なことが…
乳頭保護器にも種類があります。
一時、ちょっとお手伝いしてもらうのに、使うのは、薄くて、乳輪の匂いがちゃんと嗅げるような形になっているものです。
乳輪の匂いが嗅げないと、赤ちゃんは乳房にたどり着けません。
そして、まるで哺乳瓶を吸っているような形になっている、乳頭保護器、土台があって、乳首をくっつけて使うものですね。これは残念ながら、いつかおっぱいが吸えるようにはならないです…

そして、もう一つ大切なこと、乳頭保護器を使うべき時期は、ある程度分泌が確立していること、分泌が良くなってから使うものです。だから、初めからそれを使っていると、使ってもいいんだけど、どんどん搾乳をしていかなくてはいけません。そうして、分泌が良くなっって、赤ちゃんも大きくなってくると、。直接吸える日が近づいて来ます。

こんな時、わたしは、まずシンフォニーという搾乳機を使ってもらいます。うちでレンタルしているものですね。決して安くないけれど、簡単にしぼれて、お母さんも楽チンで、なおかつ、分泌も上がって来ます。

乳頭保護器をつけててもつけてなくても、飲ませ方、抱き方は、同じです。
ママと赤ちゃんのからだがぴったりとくっついて、赤ちゃんの下顎が、乳房にめり込むくらいにしました。そうすると、保護器でも、上手に飲めてきます。飲めてきたら、外せる日も近いですよ。

困っているママさんがいたら、一緒に考えましょう。きっと楽になれる日がきますよ。
2015年09月18日 13:29 |コメント|

モバイルサイト

のぐち母乳育児相談室モバイルサイトQRコード

のぐち母乳育児相談室モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!