のぐち母乳育児相談室
名寄市西10条南9丁目48-60

 ☎
090-8633-7841

産前産後のケアだけでなく様々な年代の女性の体と心に寄り添う助産院です

0000085774.jpg

のぐち母乳育児相談室TOP ≫ 《ブログ》お時間のある方は、ここからどうぞ

つぶやき

吸えたpart2

0000249564.jpg
この子もお母さんのおっぱいはたーくさん出るのに、吸ってくれませんでした。どこから練習をしたかと言うと、まずは胸にだいて、おっぱいのにおいかいでお口を開けてくれるようになるところからはじめました。
そしたら、日にちが経つにつれ、お口を開けるようになってくれました。決して押し付けない、優しく声をかけながら、抱いてあげるところから始めます。
そして、3ヶ月の時、ちょっとだけ、体の向きを治したら、パクって行きました〜
今でも母乳オンリーです!

お母さんのおっぱいが嫌いな子なんていません、いい乳頭、悪い乳頭もありません。おっぱいが苦手な子もいません。苦手にしてるのは、私たち医療者です。だから、もしうちに来てくれて、吸えなかったら、私が技術が不足なんです。そんな時は更なる修行せねば…

☆写真はお母様の了承得て掲載しています。吸えないことで悩んでいる何処かのお母様の救いになればと提供してくださっています。

2014年12月28日 21:00 |コメント|

吸えた!

0000249557.jpg
この子は生まれてまるまる2ヶ月哺乳瓶だけでした。そして、お母さんのおっぱいはジャブジャブ出ます。
でも、…哺乳瓶に慣れてしまい吸えなかったんです…

お母さん頑張りましたー

正しいとらえやすい位置で、決して押し付けることなく、赤ちゃんの本能を目覚めさせてあげれば必ず吸えますよ。
ぜったいにしていけないことは、頭をつかんで押し付けることです…
赤ちゃんはそれが一番嫌いなんです〜

☆写真はお母様の了承得て掲載しています。吸えないことで悩んでいる何処かのお母様の救いになればと提供してくださっています。

2014年12月28日 20:55 |コメント|

26年 4月17日 おっぱいバイバイpart2

春ですね〜
またまたおっぱいバイバイの子が出ました!
写真は遠慮します〜ということで写真はありません。残念…
今回バイバイしたFちゃんは、春から年中さんになります。4歳5ヶ月でした。
いつやめるのかな〜いつかな?いつかな?とママも私も会えばそのお話でした(^_^)

そして、Fちゃんが、4歳になったらやめる〜って言ってたのに、お誕生日にはやめられず(u_u)
今度は桜組さんになったらやめる〜と言い続け、とうとうその日が来ました。あっさりさよならしちゃって、ママも驚きでした。

このママさん、お仕事もしていたしね、飲み会にも行くしね、楽しんでおっぱいあげてましたよ〜
アルコールは、必ずしもダメではないのでね(*^_^*)
(このお話はベビーマッサージの母乳と薬剤をご受講ください)

最後に、ママからのお手紙の1部です。


「約束したもんね」と自分の意思でおっぱい止めたFの成長をしみじみ感じ、感動しているこの頃です〓
1度きりの子育て(多分〓〓)おっぱい存分にあげられて良かったですよ~〓

 
 
卒乳の時期は一人一人違います。
ママたちみんなが、こんな風に満足してさよならを迎えてくれると嬉しいですね〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


2014年04月17日 19:24 |コメント|

26年4月3日  おっぱいバイバイ(≧∇≦)

0000207537.jpg
今日来てくれたかわいい姉妹です。妹ちゃんは、おっぱいが大好きでした。ママは、2歳前にはおっぱいをやめようとtryしたのですが、泣いて泣いて、どうしても我慢できない…パパもこんなに泣くならまだあげたら〜
そんな事を3回くらいやったかな〜最後は断乳結構日に熱を出して中止したこともありましたね〜
そして、ママは3人目を妊娠!
とりあえず暖かくなるGWくらいにまた挑戦だね(^ ^)とお話していたところ。
なんとなんと!
自分から、「ママのおっぱい出ない〜もういらなーい」と言ってさよならしたそうです!あんなに大変だったのに、本当に信じられない!ビックリです!
待っててよかったですね〜必ずやめれるんですね!素敵なさよならでよかったよかった(^o^)
2014年04月03日 20:11 |コメント|

26年3月24日 卒乳講座

今回は少なめ、4組も親子が参加してくれました。
一人は、6ヶ月まで、おっぱいがつまり続け、もうやめたくてやめたくて仕方がなかったママ。今は1歳2ヶ月!たのしーくおっぱいあげています(^o^)
もう一人は春からママがお仕事で、保育園に行き始めるあおいちゃん。
ずーっとママにべったりだったのに、今はすっかりお姉ちゃんになって、これからもお家ではおっぱいをもらうことになりました。もう直ぐ2歳です(≧∇≦)
もう一人は、一歳でママがお仕事に行くので、保育園に通う子です。はじめはおっぱいトラブルが大変で、今はとても授乳を楽しんでいます。これからもおっぱい続きます〜
そして、お兄ちゃんお姉ちゃんがいる末っ子ちゃん。おっぱいが大好きみたいですね〜ママはお仕事することも考えているみたいですが、おっぱいはもうしばらく続けるみたいですよ(^ ^)
今回は人数が少なめなゆったりとした講座でした。
ベーグルも美味しかったですよ〜
2014年04月03日 19:57 |コメント|

 26年3月18日 フットボール抱きについて

先週来てくれたお母さん
白斑ができるというお電話でした。

産んだ病院で「あなたのおっぱいはフットボールだきがいいですね」と言われ、4ヶ月間授乳クッションを使いながらずっとフットボール抱きをしていました。

「私は普通の横抱きはできないと思ってました」と…

人間は胸に抱いて授乳する動物なんです。胸に抱いて飲めないことはありませんよ。確かにみんな胸の形はそれぞれです。私の技術が不足でうまくくわえられないこともあるかもしれない。でも、それは赤ちゃんが悪いとか、お母さんのおっぱいが悪いのではないんですよ。


このお母さんは、赤ちゃんとお母さんがしっかり向き合って、密着してもらうことで、簡単におっぱいに吸い付くことができました。

母乳はいつでもどこでもあげられるから楽チンなんですよね。
あんな授乳クッションが必要で、外であげられない姿勢だったら、母乳育児は続けていけないです。

もし授乳が楽チンじゃなかったり、辛かったら、早くに声をかけてくれるといいですね〜
そうそう!今日お電話したら、白斑もどこかに行っちゃったそうですよ^o^



2014年03月18日 11:41 |コメント|

26年3月3日 吸えたんです!

以前に登場していただいた、おっぱいを吸ってくれない子のお話です。
今2ヶ月を過ぎました。
もう搾乳も1日1.2回、100ccくらいで、そろそろ搾乳機のレンタルをやめようかとお家にお伺いしたら…
おっぱい吸えるんです〜!
上手に右も左も(^o^)

ママはこれからは搾乳をやめて、吸わせてあげれる時だけ、吸わせて行くそうです。

無理して練習しなくても、子供の成長を待っていれば、ちゃんとこういう日が来るんですね。
よかったよかった(^_^)



2014年03月03日 13:40 |コメント|

26年1月13日

今日は、上士別の卵農家さんに訪問してきました。

昔ながらの庭先たまごを売っているあるむさんというところです。
北海道産のえさで、平飼いしているんですね。とっても美味しい卵でした(^O^)

皆さんもそんな美味しい卵に興味がありましたら、ネットで検索して見てくださいね。
お勧めしている方のページとかみれました。あるむさんにはお電話しかないんだと思います。
01654-24-2262
士別市内なら配達してくれるそうです。

さて、その他にお伝えしたかったことが…
あるむさん…とても遠かった…今までで1番か、2番…どっちかなー

私は、望まれれば、(交通費はいただくことになりますが)どこにでも行こうと思っています。

私のお仕事は、母乳育児をがんばりたいと思っている人に楽チンで、ハッピーになってもらうことです。だから、呼ばれればどこでも行きます。
道北には、おっぱいをみてもらえるとこなんて、そんなにたくさんありません。
でも、子供に一滴でもたくさん飲んでもらいたいのは、田舎だろうと、都会だろうとみんな同じです。そのためにサポートが必要な人がいれば、どこでも行きますね!ぐらいに思ってはいますが、実は運転が苦手です…
でも、ゆっくり走ればなんとかなるしね!
昨日は上士別までの道のりでそんなことを考えてました〜
 


2014年01月14日 15:02 |コメント|

26年 あけましておめでとうございます

随分長い間更新していませんでした…
読んでくれていた方がいたとしたら申し訳ありません。

🎍今年もよろしくお願いいたします🐴

新年早々ですが…

年末のお話です。
二人目のお子さんを産んで2日目のお母さんからのお電話でした。
一人目の子が母乳がうまく吸えなくて、とても大変で、結局張るばかりで飲めず、あかちゃんは体重が増えず、ミルクをたすことになり、おっぱいはそれでもたくさん作られ痛くて痛くて仕方が無い。最後には母乳を止める薬を病院でもらい無理やりおっぱいを止めたそうです。そして今回も同じ病院で出産し、産後2日目に母乳を止めるかだすかの選択を迫られていると…
母乳はね、無理して出すこともないですよ。
辛ければミルクに頼ったって、大丈夫!
今の日本は粉も安全、水も安全、お湯だっていつでもどこでも手に入る。
でも、大抵の場合、お母さん方は、出るんだったら、飲ませたいんです。
たった一口にだって、免疫はたくさん入っているし、母乳を出すということは、産後のお母さんの体の回復にもつながるし、オキシトシンという愛情ホルモンが出ると、気持ちも安定するし、眠れるし血圧も安定するし。産後のお母さんに必要なホルモンを出すことにつながるんです。
飲めなければ出るだけ搾ってあげればいいじゃない。
 
始めから、「出しますか?止めますか?」そんなことはお母さんと赤ちゃんが決めればいいことなんです。
誰も赤ちゃんが母乳を飲む権利を奪ってはいけない。
誰もお母さん方母乳をあげる権利を奪ってはいけない。
 
二人が良ければ、どれだけ少ないおっぱいだろうと、それでいいんです。
二人が良ければ、どんなあげかただろうといいんです。
二人が良ければ、どれだけミルクを使ったって大丈夫。
 
今日そのお母さんの訪問が終了しました。
私が行ったのは4回です。
 
お母さんは出るだけ搾乳するということを選びました。
今は一日3回くらい搾乳して、出る分だけあげています。
初めの頃はたくさんたくさん初乳をもらいました
 
お母さんの希望は、ゆったりと子育てできることを希望しています。
だから
搾乳の回数も、辛くない程度に、無理のない程度にお母さんに決めてもらっています。
無理に吸わせる練習もしません。
 
それで十分です。
 
ここでもし、お母さんがどうしても母乳が出るようになりたい、直接吸わせれるようになりたい、となれば、また違うやり方があります。
人それぞれ違っていいんですよ。
母乳をどれくらい飲んだかなんて、幼稚園に入る時や、小学校に入学する時なんてだーれも聞きません。
 
大丈夫、もし悩んでいるお母さんがいたら自信を持ってくださいね。
母乳はね、出るだけ飲ませたらいいんです。それがたった一滴だって大丈夫。あげた日がたった一日だって大丈夫ですよ。
 
 


2014年01月06日 20:24 |コメント|

7月31日 士別市保育士会でお話しました。

18時半からの始まりにもかかわらず、35人の保育士さんたちが集まってくれました。
とても熱心に母乳のお話を聞いてくれて…
きっと士別市で、母乳を続けながら、お仕事するお母さん方は、力強い見方ができたことでしょう(^-^)/

終了後、数名の保育士さんがお話にきてくれました。
私が、おっぱいはすごいパワーを持っている、たった一滴だって続ける価値はある、初乳が出ている時に、ガーゼにピピっと搾られて洗われちゃうなんて、おかしなことなんだよ!と言ったことに対してでした。
「自分の産んだ産院では、とにかく前搾りをした。そうするものだと思っていたから、家に帰ってからも、前搾り用のタオルを作って、赤ちゃんがないている横で、タオルがビチョビチョになるまで搾ってから、あげていた、あの、前搾りの意味はなんだったんですか?」っていうお話。
それを言ったお母さんが一人じゃないんですね~
残念な話です。

大事な免疫物質だけでなく、産後はただでさえ疲れているのに、時間がもったいない…

吸えないおっぱいならまだしも、吸えるなら、赤ちゃんたちも、「ママ、早く早く~」ってきっと思ってたかな~


2013年08月03日 15:29 |コメント|

モバイルサイト

のぐち母乳育児相談室モバイルサイトQRコード

のぐち母乳育児相談室モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!