のぐち母乳育児相談室
名寄市西10条南9丁目 48ー60
TEL 09086337841

 

全ての女性のために…
のぐち母乳育児相談室は、様々な年代の女性の心と体に寄り添う助産院です

0000085774.jpg

のぐち母乳育児相談室TOP《ブログ》お時間のある方は、ここからどうぞ ≫ 《ブログ》お時間のある方は、ここからどうぞ ≫

つぶやき

中頓別町へ

54432408_1669995529965843_5892727595769790464_n

昨日は中頓別町で、ベビーマッサージ!
初めての中頓別でのお仕事でした。
朝の電車で音威子府まで1時間 1両しかないのに、結構混んでて、ところどころ、誰もいないような無人駅で、降りて写真を撮る人がちらほらといる。いったい何を撮ってたんだろう…
音威子府到着後、ステキな保健師さん、助産師さんが迎えに来てくれて、そこから吹雪の中を中頓別まで車で一時間🚗
なぜか昨日は悪天候🌨

中頓別では、ベビーマッサージと、日頃私がお話ししてることをダイジェスト版で語り。とても楽しい時間でした〜

どんどん活動範囲が広がっていき、道北の保健師さんがたに、感謝感謝です

4月からは新しい年度、今年から沢山の町から依頼を受けてお仕事開始します!
健康で頑張らねば‼️

中頓別に関係ないのだけど、音威子府村駅には、真っ黒い蕎麦があります。
私、これ大好き

2019年03月24日 06:54

剣淵町で卒乳講座行いました!

54515066_1669397163359013_1271982589372006400_n

水曜日に、剣淵で、卒乳講座を行いました!卒乳講座を剣淵で開催するのは初めてです!
サークルのお母さんがたが企画してくれました!
この春、沢山の方が卒乳講座に参加してくれました。
旭川で、午前午後開催して、名寄では2回、そして剣淵…
全部で、35組の親子が参加してくれました。

春は、おっぱいどうしよう〜って悩みが多いですね。

1歳っていう言葉に惑わされず、自分はどうしたかったのか…をじっくりと考えてもらう講座です

34人参加したら、34通りの卒乳があっていいんです

我が家も、長女と、息子が卒業式でした

卒業式って泣けちゃうよね〜(私は泣かないけど(^◇^;)

でも、卒業は、新しいことの始まりです
一歩大人の階段を登ります。不安があって当たり前、でも、登ってみると楽しいことしか待ってないよー

だから、心配しないで!みんなうまくいきます
そして、もうすこしおっぱい生活を続けようかなって思ったおかあさんは、どうぞ、その日が来るまで楽しんでくださいね!

燻やさんという剣淵のカフェ
とっても素敵で美味しいお店ですよ

2019年03月21日 07:03

母乳神話って???

※長文です※
お時間のある方のみお読みください
母乳神話って?
先日、私にメールが来ました。北海道の夕方の情報番組、『今日ドキっ』で、母乳神話がお母さんがたの重圧になっているという特集をやっていますと。

このメールをくれたお母さんは今現在母乳育児中
少なくとも、この内容は、なんか変?と思ったそうです。
このお母さんは、決して、母乳育児バンザイ!な経験しかないわけではありません。

3人の子供を産み育てる中で、母乳育児においても、ありとあらゆる辛いこと、かなしいこと、切ないこともしっていて、でも、最終的に、ハッピーなことも、全てを知っているお母さんです。

私自身、テレビの内容はみれなかったのだけど…

ずっと、心にのしかかる…重圧という言葉。
誰が重圧をかけているのか?
母乳育児相談室を経営している私か?
なんて考えてみたり…

神話という言葉を調べてみたら
 1 宇宙・人間・動植物・文化などの起源・創造などを始めとする自然・社会現象を超自然的存在(神)や英雄などと関連させて説く説話。
 2 実体は明らかでないのに、長い間人々によって絶対のものと信じこまれ、称賛や畏怖の目で見られてきた事柄。

と書かれている

『今日ドキっ』で使用された神話は、多分2番

 実体は明らかでないのに、長い間人々によって絶対のものと信じこまれ、称賛や畏怖の目で見られてきた事柄。

お母さんがたは、母乳を絶対のものと信じ込まされて来たの?

まるで騙されて来たのかのような…

そうではなくて、

産んでみて、我が子に出会ったら。
「もしも、出るならおっぱいで育てたい」くらいに思ってたお母さんが、
「一滴でも多く、母乳を飲ませてあげたい」って自然に感じだのではないだろうか…

自分でも、想像もしなかった気持ちが溢れて来たのではないだろうか?

そして、自然な流れで、乳房は張り、乳汁が滲み始めたのではないだろうか?

神話なのは、そこからだ。

母乳育児支援において、助産師は、絶対的な存在であって、
胸に助産師と書いてあるネームをつけているだけで、この人の言うことを聞けば、母乳が出るんだ…と思ってしまったのではないだろうか。

私も罪深き時代があった

だからよくわかる

新卒1年目、母乳育児のことなんて、ほぼ勉強ゼロだったよ

なのに、いきなり授乳指導、なんてあたりまえ

お母さんの気持ちも考えず、根拠もなく、先輩のみよう見真似で話してた。

助産師3年、4年、5年経つと、もっともらしく、乳房を触ってたね。「お母さんが辛い時は、たまにミルクを足すのもいいね!」とか、言ってたよ。
今なら絶対言わない「寝る前にミルク足すといいかもね…」なんて。

お家に帰ってから、お母さんがどんなことに困るのか、退院するときのお母さんが、どんな不安を抱えてるのか、半分もわかってなかったとおもう。
そんな私が、1週間後に電話訪問とかしちゃうんだよ。それでも、その時は精一杯お仕事してると思ってた。お母さんの気持ちに寄り添ってると思ってた…

今思うと、本当に申し訳ない…

助産学科で習う母乳育児の講義なんて、数時間です
結局は施設のやり方、方針にならされていく。
そこに、根拠があるのか、それとも、都市伝説のような根拠のないことなのかも分からず…

授乳に困難を抱えてるお母さんがいた時。
「お母さんの乳房がね〜」とか、→じゃあ、どんな乳房ならいいんだよ👊
「もう少し赤ちゃんのお口が開くといいね!」→じゃあどうやったら大きく開くのか教えてよ👊

って思うよね。
そんな時、
子供が、うえーんって泣いて、大きなお口開けた時に、首の後ろ持って、せーのって、がぶって咥えさせるといいんだよ!って教わる

これ、教科書に、そんなこと書いてませんから。

これ間違いだよね。
うまく行くわけない方法教えるから、お母さんがたが辛くなる

お母さんがただって、誰も頭の後ろ押さえつけて授乳したいわけじゃないんだよ
毎回、毎回授乳の度に、座って、クッション挟んで、背筋伸ばしたいわけじゃないんだよ

そんなことしてたら、母乳に騙されたとかと思ってしまう

もう一度、一人ひとりのお母さんの気持ちを聞こうよ

お母さんがたは何を求めたのか…

「おっぱいが痛いんです…」って言われたら、ミルク足したいって言ったんじゃない、直接吸わすのをやめたいって言ったんじゃない
→「痛くない方法を教えてください」って言ったんだよ

「赤ちゃんがなかなか寝てくれないんです」て言われたら、
「ミルク足して寝かせてもいいですか?」って言われたんじゃなくて
「母乳をあげながら、赤ちゃんをうまく寝かせるコツはありますか?」って聞かれたんだよ

「赤ちゃんがうまく吸えなくて、乳房を嫌がってるようです」って言われたら、「乳頭保護器を貸してください」とか、「母乳をやめたい」って言われたんじゃなくて、「赤ちゃんが嫌がらないで、授乳できる方法を教えてください」って言われたんだよ。

今一度、医療者が胸に手を当て、自分の技術を見直すべき時ではないだろうか…
そして、このお母さんの気持ちにすぐに応えることのできる技術と知識がない時には、正直に伝えよう。
「お母さん、ごめんね、私の力不足で…未熟な技術で、もうしばらくお母さんを苦しませてしまうかも…」って。
「でも、必ずできるよ!できるところまで一緒にがんばりませんか?」って。

母乳育児をしているお母さんがたは、重圧に耐えて、母乳育児をしていたのだろうか?騙されてしまったお母さんがたは、そんな神話を信じて、損をしてるの?徳をしてるの?
そんなことではないのだよ。

お母さんがたへ
「私は、母乳をあげたいんです!痛くない、辛くない授乳を教えてください」って声をあげるのはどうですか…

そして、訳あって、ミルクを選択したお母さん
御縁があって、ミルク育児を選択したお母さん
自分の育児に自信を持とう!その上で、私でお役に立てることがあれば、なんでも聞いてください。
だって、子育てしてたら、母乳だって、ミルクだって、悩みは、次から次へと出てくるからね。

母乳神話という言葉に耐えきれなく、長々書かせていただきました。

2019年01月26日 06:15

私がなぜヨガをやるのか…

9928045C-92D6-42F3-B454-C3FB4C17035D


今から、18年前、助産師として、施設で働いておりました。もともと、体力も気力もなくて、妊娠してさらに、体もメンタルもしんどかった。周りの助けを借りてやっと仕事をこなしていた時がありました。
そして、なんとか産休まで働き(当時は34週まで働きました)、そして退職しました。
そして、結婚して5年間も妊娠しなかった私が、次の子を長女1歳の時に妊娠…
妊娠期間は私にとっては、あまりハッピーなものではなく、次女の妊娠がわかった日から、カレンダーに印をつけて、予定日まであと、なんにち…と数える日々が始まりました。
そんな時、私の出産する病院では、マタニティヨガがありました。相変わらず、体調が優れない私が、親に長女を預けて、週1回のヨガだけは、欠かさず参加してみた。本当に気持ちが良くて、心が穏やかになった記憶があります。長女を母に預けるのは気が引けたし、まだ1歳ちょっとで、可愛くて仕方がない盛りで、たった2時間でも、離れがたくて(今の私からすると、アホすぎるよね)
でも、自分にとって、その時間はとても大切でした。
まあ、長女は、おこりんぼうで、イライラ、メソメソしてる私といるよりは、とても楽しそうだったけど(~_~;)
そして、3人目を妊娠して名寄に転勤でやって来る…マタニティヨガなんてないよね(^◇^;)
そこで、おばさまがたのサークルのヨガの門を突然叩き、自分の体調は自分で管理するので参加させてください!と申し、生まれる時まで通いました。そんな時、助産師さんが福祉センターで、開催してるヨガがあると聞き、最後の方はそちらも参加しました!開業なんて、これっぽっちも想像したことない私にとっては、こんな地域での活動もあるんだなぁと感じた瞬間でした

ほっとできて、自分に向き合える時間をお母さんがたに経験してもらいたくって…
妊娠って、時には、辛くて辛くて仕方がない人がいるって知ってるから、そんなどこかの誰かのために、癒しの時間と私の知識を届けたくて、クラスを開催しています。

1月14日 13時半 よろーな 会議室1
誰でもできるマタニティクラスです 残席4

そして15時からは 女性のためのヨガクラス  残席4

2019年01月13日 16:57

プレゼント🎁

F58BBADC-CE5D-4212-AB0C-A94365FBF282

長年イトオテルミーに通われているかたが、お仕事退職されました。そのプレゼントに、こんな可愛いチケットを作ってプレゼントしてくれた方がいます。
一回分のイトオテルミー施術券
「肩たたき券みたいだけど、本当に使えますか?」って、ちょっと信じられない感じで持ってきてくれました。
大丈夫、ちゃんと使えます!
こんなプレゼントも素敵ですね🎁

2019年01月03日 20:14

2019年 今年もよろしくお願いいたします

8734B6E8-DAFE-45F7-8640-4B40932BC3D1

明けましておめでとうございます⛩

今年もよろしくお願いいたします。

本日より、対応可能な時間があります。

母乳育児のことでお急ぎの方、実家に帰省中に、聞いておきたいことがありました、という方ご連絡OKです!

今年は、娘の受験と卒業、受かれば入学式、そして、息子の小学校卒業と、中学に入学式があり、4月まではバタバタしそうです。

なにかとご迷惑おかけするかと思われますが、よろしくお願いいたします🌸

2019年01月02日 06:58

今年もお世話になりました

951A732E-C6D7-4077-A136-95D59F76AEC5

今年も残しところあと1日ですね。
先日クリスマスの時に、ラクテーション コンサルタントの再認定証書が届きました❣️
これで、この資格をかかげて、あと10年お仕事できることにホッとしました…
これまで何千人のお母さんとお子さんに出会ってきました。その度に、赤ちゃんから、お母さんから沢山のことを学ばせていただきました。それが自分の血となり肉となり、(だから痩せないのか?)って思うくらい。その経験が、今の私の知識と技術に肉付けをしてくれています。

授乳が痛くないって、言ってもらえると時が一番嬉しい、
あれ?ちょっと痛いですって言われると、落ち込み、

しこりが取れた!と言われるとテンションあがり
なかなか取れないと、不安になり…

熱が出ました!ってメールを見ると、飛び起き!
治りました…メールに、二度寝し。

なかなか体重の増えない赤ちゃんの、測定前日は、夜中に、何度も体重を量り続ける夢を見てた時もありました。

そんな10年、今じゃ、結構図太くなり、夜は21時に就寝、朝までぐっすりzzz

そして、今年、名寄市で産後ケアが始まりました。
今後スタートを検討してくれている市町村も出てきました!
母乳育児を押し付けたいわけではなく…
お母さんが、感じたままに子育てできたり、自分ののぞみを貫くことができたり、自分らしい子育てをみつけるために…
我が子の個性を認めつつ育児ができるように…
ネットに流されることなく、都市伝説のような迷信じみたことに流されることなく、子育てを楽しめるように、そんな願いを持って、もう10年、お仕事続けていこうと思います。

慌ただしい年末、我が家の二年生の娘が耳にハートのビーズを入れました。
耳の中を見るとピンクのハートが…「マジかよ…💢」昨日耳鼻科でとってもらいました。みなさま、いくつになっても気をつけてください。
どの子だったか忘れたけど、何年か前も
ハートの小さいシールを目の中に入れた子がいました。確かこの子だったような…
目を開くと、黒目の横に、ハートがキラキラ🤩
冗談じゃありません…眼科でとってもらいました…

ハートには気をつけて♥️

2018年12月30日 20:33

授乳時の痛みについて

 

 

 

ここのところ、遠方からの来院、そして遠方への訪問が増えていました。
授乳時の痛みには、まず一つ目は、吸われる事による痛みがあります。
これの対策は、とにかくだき方飲ませ方です。
昨日も書きましたが、首の後ろつかんで、がぶってやってたら、治るものも治りません。
子供たちは頭のけぞらせて怒ります。
「ママ、僕自分でできるんだよ、私もできるよ、押さなくても大丈夫だよ」って教えてくれるように、首を振ったり、頭を持ち上げたりしますね。
赤ちゃんがどうしたいのかよくみてあげる、赤ちゃんの動きに合わせて優しくサポートしてあげる、それができるようになってくると、痛くない授乳に近づけます。
 
そして、授乳時の痛みは、他にもあります。
カンジダ菌による乳頭の痛みがあります。赤ちゃんにひどいオムツかぶれがあったり、お母さんのナプキンかぶれがあったりした時に、起こることがあります。そして哺乳瓶を使っている時にも起こります。
赤ちゃんのお口の中が、鵞口瘡といって、真っ白になる時があります。その時に、乳頭が激痛になります。
 
先日訪問したケースこの状態でした。
お母さんは、あまりの痛みに、原因もわからず、病院の助産師に相談して、断乳する方法を教えてもらったそうです。
でも、やっぱり母乳育児があきらめられなくて、お電話をいただきました。
まずは鵞口瘡の治療が必要です。ママも一緒に治療したら、乳頭の激痛はなくなります。あとは、だき方飲ませ方を治せば、痛くない授乳にたどり着けます。
 
もう一つ、乳頭のレイノーという痛みがあります。
これも激痛です。
痛い時に、乳頭は白く色が抜けていきます。
結構よくあるんです。
 
温めると治るケースもありますが、
いま関わっている方は、乳頭自体には何も症状がなく、ずーっと乳房が痛いという方でした。
産婦人科に行き、皮膚科、整形、乳腺外科、全部行って、当院に来てくれました。
 
ずっと辛かったって。
 
そして、温めてみたけど改善せず、効果的なお薬があるので、母乳育児にとても詳しい先生に診てもらい内服を開始しました。
今、薬の効果があって、痛みを感じるのは週に数回になって来ました。
 
産後2ヶ月から5ヶ月になるまでずーっと痛みで悩んでたんです。
今回のケースは見た目にも症状がなくて、私もすごく迷いました…
 
昨日も、書いたけど、日々学ばなくちゃ母乳育児は支援できません。
次から次へと悩むケースに出会います。
 
絶対どこかに答えがあるはず!と思って、あきらめないで勉強していくと色々な事に出会えます。
 
母乳育児サポートしますよって掲げてるなら、少なくともカンジダや、レイノーは知ってなくちゃ。乳頭が痛い時に、なんの痛みなのか、考えれなくちゃダメだよね。
 
お母さんが、神経質だから痛いの?
そんなわけないしね。
お母さんが気にしすぎ?そのうち慣れる?初めてだから仕方がない?
お母さんの乳頭の形がとか、赤ちゃんのお口は小さいとか。。
 
断乳なんて、最後の最後だよ…
 
今日はすごい雪ですね。
ちょうど札幌に行かねばならず…電車は大幅に遅れ…
そんな時間、ちょっとぐちぐちしてしまいました。
 
悩んでる方がいたら、いつでも声をかけてくださいませ(^_^)
 

 

2017年12月13日 12:58

白斑としこりについて

0000487556.png

先日、遠方の方で詰まりを繰り返すんです…というお問い合わせをいただき訪問してきました。

10日前に訪問して、その数日後嬉しいメールをいただいたので、ご本人の了解を得て、アップさせていただきますね。

【野口先生
先日は、急なお願いにも関わらず対応していただき、ありがとうございました。
その後、火曜日ぐらいには、しこりも消えました。左内側の白斑も昨日消えました。
あれだけ悩んだのがウソのようです。若干、義務のようになり苦手意識のあった授乳(特に左)が、幸せな時間に戻りました~。
本当にありがとうございます。
左外側と昔からある右外側はまだ消えませんが、様子見しようと思います。】

このかたの場合、内側の白斑が詰まりの原因で、何度も産院に駆け込んで、マッサージしてもらったそうです。正直いくら払ったかわからない…と。
訪問して、飲ませ方の確認をしました。
そうするとしこりがスーッと小さくなり始めました。
白斑の部分が分泌してきたんですね。あとは、奥の方にも詰まりの原因があったので、もう少し時間をかけて治ってきそうなものだったので、様子を見ていただきました。

トラブルがなければ、どんな授乳でもOKなんです。
トラブルがある時は、どんな月齢でも、だき方、飲ませ方の見直しです。
大きくなった子だから、だき方、飲ませ方、なんて今更と思うかもしれませんが、そんなことありません。
基本に戻ることが必ず大切です。

大きな子たちは、たまに、好きに飲んでしまって、好みの飲み方や個性で、トラブルが起こってしまうかもしれない。ただ、起こった時にどうすれば治れるのかを、お母さんが知っているだけで、自分たちで解決できるようになる、結果再発しにくくなってきます!
悪化した時にどんなタイミングで、産院に行けばいいのかも知っていただくというのも大切ですね。

がぶって、くわえさせるといいって、習ったけど、本当にそうですか?

我が家の娘に実験してもらいました!
あんぱん持ったふりしてみて。
一番大きな口ってどうやってあくの?って聞いたら、こんなふうにしてくれました。2枚目の写真です。
じゃあ、がぶって頭押し付けられたらどうなるの?
大きな口ってあくの?って聞いたら
「開かないよ〜」って。3枚目の写真です。
乳房に向かって、下顎がくっつく、鼻先が上を向く、そんな姿勢が、トラブルを予防します()

 

 

2017年08月01日 21:18

2人目からの子育てと母乳育児について

 

 
開業したてのときは、うちに来るお母さんは、初産の人が圧倒的に多くて、90%だったと思います。
年々、2人目3人目のお母さんがたからのご相談が多くなりました。もちろん講座に参加してくれる方も、初産の方に限らず、2人目、3人目の方がいます。
その中で一番聞かれる声が…
「上の子がね〜」
「下は心配いらないんだけど、とにかく上の子に手がかかって…」
「上の子がいて、授乳時間がとれないんです」
「上の子のこと怒ってばかりで…」
「寝顔をみると今日も一日怒ってばかりいたんじゃないかと悲しくなります…」
声をあげりるときりがない…
 
下の子が生まれると、ちょうど上は反抗期真っ盛りだったりすることが多くて、なんでもイヤイヤ、だったり、言葉もどんどん覚えて来るから、
こっちが、「全くもう😡」なんて言おうものなら、
向こうも、言い返す、「ほんとに、ママだったら😡」
それがまた、イライラのスイッチを押すのね〜
 
子供1人を育てるってとっても大変なんだよね。
自分1人では、何もできない赤ん坊を育てるって、お母さんがたには、その子に夢中になるためのホルモンが出てしまう。それがあるからこそ、子育てできるんだね。
でも、時にその赤ちゃんに恋しちゃうホルモンは、上の子や、夫や、他者に対して攻撃的に働いてしまう…
それは本能ね。
でも人間本能だけで生きているわけではないから、理性も働かすことができる。
本能だけ生きてたら、授乳してる時に、上の子が乗っかって来たら、イラっとくるけど、そこは理性も使って、こっちのほうに座ってくれたらいいよ〜って声かけてあげたり、できるかもね。
 
そのためには、まずは授乳が楽チンじゃないと!
私は2人目、3人目のお母さんには、上の子にご飯食べさせながらどうやって授乳するかお伝えします。
幼稚園のお便りのお返事書きながらだって、上の子におやつ出しながらだって、危ない時には、立って追いかけられるくらいの授乳ができないと、毎日やっていけないよ〜ぐらいお話します。
 
上の子のことで、悩んでるママさんは1人じゃないよ。
そう言う私だって、上の子ははとにかく気になる。
良くタヌキの子育てのお話をさせてもらうけど、(ここに書くと、さらに長くなるから、聞きたい人はいつかどこかで)
上の子に対しては、気になるように刷り込まれてるんだな〜と思っています。
 
だからって、そのままじゃいけない。
冷静に理性を使って考える。
 
イヤイヤ期なお子様
正常な発育としては当たり前。
歩いたり、走ったりできるようになるのと同じく、時期が来たらイヤイヤ期が来ます。
人並みに歩いたりできると親は嬉しい。
でも、人並みな時期にイヤイヤ期がくると、それは困る…
 
人並みって幸せなことなんだよね。
 
近くにいる人に限らず、すごく遠くから、ご相談を受けることがあります。
本当はお母さんがたで集まって、自分たちの子育てを話す機会があれば、悩んでるのは自分だけじゃない!って思えるんだと思う。生の声をシェアするってすごく大事だよ。
お母さんがたが助け合えるってすごく大事。
でも、すごく遠くて、そんな場を設けることができないお母さんがいて。
大丈夫、自分だけじゃないよ。
あなたの子育ては間違っていない。
上の子とうまくやりたいって思って当たり前。怒りたくないにのって思って当たり前。
でも、うまくいかなくてもあたりまえ。
子供は、自分の人生を生きていて、親が頭の中で描いたものでおさまらなくて当たり前。
 
ぶつかり合って、お互い言いたいこと言い合って。
自分が失敗しちゃった時には正直に謝って
不安な時も正直に伝えて
子供と一緒に育っていけたらいいですね。
1人目のママさんは、お母さん一年生
2人目のママさんは2人の子供のお母さん一年生
母になるって、何人産んでも初めてなことたくさんです。
一緒に悩んで、お母さん同士助け合って、生きていけたらいいですね。
 
2017年06月22日 15:27

モバイルサイト

のぐち母乳育児相談室スマホサイトQRコード

のぐち母乳育児相談室モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!