のぐち母乳育児相談室
名寄市西10条南9丁目 48ー60
TEL 09086337841

 

全ての女性のために…
のぐち母乳育児相談室は、様々な年代の女性の心と体に寄り添う助産院です

0000085774.jpg

のぐち母乳育児相談室TOP《ブログ》お時間のある方は、ここからどうぞ ≫ 《ブログ》お時間のある方は、ここからどうぞ ≫

つぶやき

二人目の母乳育児について

今年になって、二人目の出産後に母乳育児のご相談を受けることが増えました。
もともと私は、授乳は生活の一部だから、ご飯食べながらでも、子供のお世話をしながらでもいつでもどこでも授乳できなくちゃ、おっぱいは本物にならないよ〜という考えでして。
この場所じゃなくちゃあげられない、このクッションを使わないとあげられない、おっぱいのここを抑えないと飲ませられないとか…そんなのはトラブルの原因だと思っています。
1人目の時はそれでよかったかもしれないけど、二人目になるとそうもいかない…泣くたびにおっぱいあげる、上の子どうしよう…

おっぱいは上の子にご飯を食べさせながらだってあげられる、お絵描きしながらだって、絵本を読んであげながらだって、寝かしつけをしながらだってあげられる、ちょっとおおきくなった子だったら、宿題のまるつけしながらおっぱいあげる、時間割確認しながらおっぱいあげる、そんなおっぱいになれると楽チンなのにな〜と思います。

全ては胸に抱いておっぱいをあげれば解決できるのではないかな…
授乳クッションが邪魔してるのではないのかな???と思っています。

上の子の赤ちゃんがえりもとっても心配ですよね。イライラもしてしまう…でもね、赤ちゃんがえりするっていうのは、それまで、ママとパパの愛情をたくさん受けてきた証拠です!
たくさん愛されてきて、今ちょっとだけ、その愛情を確かめたくて、いろいろな事を言ったり、やったりするんですよね。
大丈夫!
オーバーなくらい、「愛してるよ・大好きだよ」伝えてあげてください。
言わなくてもわかるでしょ、なんてことではなくて、言わなくちゃわかんないんです!
そして、新しくお姉ちゃん、お兄ちゃんになった子供と一緒に子育てしてください。

上の子たちがどのくらいの時までだったかな?
我が家では、下の子の誕生日に上の子にもちょっとしたプレゼントがありました。
この子が無事にお誕生日を迎えられたのは、お姉ちゃん達のおかげだよ、ありがとうって…
その時の誇らしげな顔…「そうだよね〜」みたいな顔してましたよね。それくらい、助けてもらいました。

今年は末っ子が5歳になります。

久しぶりに、お姉ちゃん2人とお兄ちゃんに感謝状でも送ろうかな^_^




2015年03月20日 15:07

訪問します!

以前から、必要とされる方のところは、できる限り行くようにしていました。車で一時間…とかくらい…
でも、昨日はJRに乗って岩見沢までいってきました。
生後2週間、授乳がうまくいかなくて、お電話をいただいたので。
私の売りは、ママと赤ちゃん、そして、一緒にいる家族みんなが快適になれるような授乳をお手伝いすることです。
そういう支援は訪問した方がやっぱりやりやすい!
ある程度は、メールでやりとりしましたが、実際に行ってみるのとでは大違いですよね。

帰ってきた後、メールをいただきました。
ちょっとした事なのにオッパイあげ方にしても体の楽さに感動でした‼︎

交通費はいただいてしまうことになりますが、たった一回でも、生活が180度変わるような、そんな授乳を一緒に考えていけるような時間になればと思います。

可能なかぎりどこにでも行けたらな〜今年の目標です!
2015年01月11日 08:15

27年 明けましておめでとうございます

0000250019.jpg
27年度がはじまりました。今年もよろしくお願いします!
1月2日、お正月ですがお仕事です。
そして、お仕事の合間に、仙台からさあやちゃんが会いに来てくれました。実家に帰ってきていたんですね。
さあやちゃん、生まれたばかり時は、2週間ほとんどおっぱいが吸えませんでした。
吸えていなかったので、お母さんのおっぱいもにじむ程度しか出ませんでした。訪問してまずは搾乳から開始しました。とにかく分泌を増やしたい一心で、シンフォニーという搾乳機でしぼりました。徐々に一日の搾乳量が増え、さあやちゃんもおっぱいが吸えるようになってきました。そして、おっぱいだけになるまでに2ヶ月ほどかかったでしょうか。今ではおっぱい大好きっ子で、でも、自立したしかりした子です!お母さんもとっても楽しそうに子育てされているようでした。よかったよかった^_^
2015年01月03日 21:53

骨盤ケアについて

先日、なかなか陣痛の来ない方がいました。イトオテルミーという温灸にも来られて、子宮口が2センチまで開いていたのですが、なかなか陣痛が本物にならず、誘発の予定が決まってしまい…その日まで、できることはなんでもしよう!ということになり、二人で骨盤ケアの体操をしました。そしたら、お腹がとても張りはじめました。痛みも伴い始め、でも遠のいたりの繰り返しで、2日目クラリセージという、陣痛を促進しやすい精油を嗅ぎながら、骨盤を整えました。そしたら陣痛が来たんです!そして午後2時に体操して、夜7時に入院!夜10時には生まれました(3人目の方です)よかったです~
まあ、時期も時期だったのでなにもしなくても生まれたのかもしれませんが、お母さんは骨盤講座をしてから明らかに変わったと言っていました。どちらにしても嬉しくって、興奮冷めやらぬ状態の私でしたー!
2014年12月29日 20:13

吸えたpart2

0000249564.jpg
この子もお母さんのおっぱいはたーくさん出るのに、吸ってくれませんでした。どこから練習をしたかと言うと、まずは胸にだいて、おっぱいのにおいかいでお口を開けてくれるようになるところからはじめました。
そしたら、日にちが経つにつれ、お口を開けるようになってくれました。決して押し付けない、優しく声をかけながら、抱いてあげるところから始めます。
そして、3ヶ月の時、ちょっとだけ、体の向きを治したら、パクって行きました〜
今でも母乳オンリーです!

お母さんのおっぱいが嫌いな子なんていません、いい乳頭、悪い乳頭もありません。おっぱいが苦手な子もいません。苦手にしてるのは、私たち医療者です。だから、もしうちに来てくれて、吸えなかったら、私が技術が不足なんです。そんな時は更なる修行せねば…

☆写真はお母様の了承得て掲載しています。吸えないことで悩んでいる何処かのお母様の救いになればと提供してくださっています。

2014年12月28日 21:00

吸えた!

0000249557.jpg
この子は生まれてまるまる2ヶ月哺乳瓶だけでした。そして、お母さんのおっぱいはジャブジャブ出ます。
でも、…哺乳瓶に慣れてしまい吸えなかったんです…

お母さん頑張りましたー

正しいとらえやすい位置で、決して押し付けることなく、赤ちゃんの本能を目覚めさせてあげれば必ず吸えますよ。
ぜったいにしていけないことは、頭をつかんで押し付けることです…
赤ちゃんはそれが一番嫌いなんです〜

☆写真はお母様の了承得て掲載しています。吸えないことで悩んでいる何処かのお母様の救いになればと提供してくださっています。

2014年12月28日 20:55

 26年3月18日 フットボール抱きについて

先週来てくれたお母さん
白斑ができるというお電話でした。

産んだ病院で「あなたのおっぱいはフットボールだきがいいですね」と言われ、4ヶ月間授乳クッションを使いながらずっとフットボール抱きをしていました。

「私は普通の横抱きはできないと思ってました」と…

人間は胸に抱いて授乳する動物なんです。胸に抱いて飲めないことはありませんよ。確かにみんな胸の形はそれぞれです。私の技術が不足でうまくくわえられないこともあるかもしれない。でも、それは赤ちゃんが悪いとか、お母さんのおっぱいが悪いのではないんですよ。


このお母さんは、赤ちゃんとお母さんがしっかり向き合って、密着してもらうことで、簡単におっぱいに吸い付くことができました。

母乳はいつでもどこでもあげられるから楽チンなんですよね。
あんな授乳クッションが必要で、外であげられない姿勢だったら、母乳育児は続けていけないです。

もし授乳が楽チンじゃなかったり、辛かったら、早くに声をかけてくれるといいですね〜
そうそう!今日お電話したら、白斑もどこかに行っちゃったそうですよ^o^



2014年03月18日 11:41

26年3月3日 吸えたんです!

以前に登場していただいた、おっぱいを吸ってくれない子のお話です。
今2ヶ月を過ぎました。
もう搾乳も1日1.2回、100ccくらいで、そろそろ搾乳機のレンタルをやめようかとお家にお伺いしたら…
おっぱい吸えるんです〜!
上手に右も左も(^o^)

ママはこれからは搾乳をやめて、吸わせてあげれる時だけ、吸わせて行くそうです。

無理して練習しなくても、子供の成長を待っていれば、ちゃんとこういう日が来るんですね。
よかったよかった(^_^)



2014年03月03日 13:40

26年1月13日

今日は、上士別の卵農家さんに訪問してきました。

昔ながらの庭先たまごを売っているあるむさんというところです。
北海道産のえさで、平飼いしているんですね。とっても美味しい卵でした(^O^)

皆さんもそんな美味しい卵に興味がありましたら、ネットで検索して見てくださいね。
お勧めしている方のページとかみれました。あるむさんにはお電話しかないんだと思います。
01654-24-2262
士別市内なら配達してくれるそうです。

さて、その他にお伝えしたかったことが…
あるむさん…とても遠かった…今までで1番か、2番…どっちかなー

私は、望まれれば、(交通費はいただくことになりますが)どこにでも行こうと思っています。

私のお仕事は、母乳育児をがんばりたいと思っている人に楽チンで、ハッピーになってもらうことです。だから、呼ばれればどこでも行きます。
道北には、おっぱいをみてもらえるとこなんて、そんなにたくさんありません。
でも、子供に一滴でもたくさん飲んでもらいたいのは、田舎だろうと、都会だろうとみんな同じです。そのためにサポートが必要な人がいれば、どこでも行きますね!ぐらいに思ってはいますが、実は運転が苦手です…
でも、ゆっくり走ればなんとかなるしね!
昨日は上士別までの道のりでそんなことを考えてました〜
 


2014年01月14日 15:02

26年 あけましておめでとうございます

随分長い間更新していませんでした…
読んでくれていた方がいたとしたら申し訳ありません。

🎍今年もよろしくお願いいたします🐴

新年早々ですが…

年末のお話です。
二人目のお子さんを産んで2日目のお母さんからのお電話でした。
一人目の子が母乳がうまく吸えなくて、とても大変で、結局張るばかりで飲めず、あかちゃんは体重が増えず、ミルクをたすことになり、おっぱいはそれでもたくさん作られ痛くて痛くて仕方が無い。最後には母乳を止める薬を病院でもらい無理やりおっぱいを止めたそうです。そして今回も同じ病院で出産し、産後2日目に母乳を止めるかだすかの選択を迫られていると…
母乳はね、無理して出すこともないですよ。
辛ければミルクに頼ったって、大丈夫!
今の日本は粉も安全、水も安全、お湯だっていつでもどこでも手に入る。
でも、大抵の場合、お母さん方は、出るんだったら、飲ませたいんです。
たった一口にだって、免疫はたくさん入っているし、母乳を出すということは、産後のお母さんの体の回復にもつながるし、オキシトシンという愛情ホルモンが出ると、気持ちも安定するし、眠れるし血圧も安定するし。産後のお母さんに必要なホルモンを出すことにつながるんです。
飲めなければ出るだけ搾ってあげればいいじゃない。
 
始めから、「出しますか?止めますか?」そんなことはお母さんと赤ちゃんが決めればいいことなんです。
誰も赤ちゃんが母乳を飲む権利を奪ってはいけない。
誰もお母さん方母乳をあげる権利を奪ってはいけない。
 
二人が良ければ、どれだけ少ないおっぱいだろうと、それでいいんです。
二人が良ければ、どんなあげかただろうといいんです。
二人が良ければ、どれだけミルクを使ったって大丈夫。
 
今日そのお母さんの訪問が終了しました。
私が行ったのは4回です。
 
お母さんは出るだけ搾乳するということを選びました。
今は一日3回くらい搾乳して、出る分だけあげています。
初めの頃はたくさんたくさん初乳をもらいました
 
お母さんの希望は、ゆったりと子育てできることを希望しています。
だから
搾乳の回数も、辛くない程度に、無理のない程度にお母さんに決めてもらっています。
無理に吸わせる練習もしません。
 
それで十分です。
 
ここでもし、お母さんがどうしても母乳が出るようになりたい、直接吸わせれるようになりたい、となれば、また違うやり方があります。
人それぞれ違っていいんですよ。
母乳をどれくらい飲んだかなんて、幼稚園に入る時や、小学校に入学する時なんてだーれも聞きません。
 
大丈夫、もし悩んでいるお母さんがいたら自信を持ってくださいね。
母乳はね、出るだけ飲ませたらいいんです。それがたった一滴だって大丈夫。あげた日がたった一日だって大丈夫ですよ。
 
 


2014年01月06日 20:24

モバイルサイト

のぐち母乳育児相談室スマホサイトQRコード

のぐち母乳育児相談室モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!