のぐち母乳育児相談室
名寄市西10条南9丁目 48ー60
TEL 09086337841

 

全ての女性のために…
のぐち母乳育児相談室は、様々な年代の女性の心と体に寄り添う助産院です

0000085774.jpg

25年3月6日 part2

私は予定が合えば、土日もお仕事しています。お客様がいればですが…

そんなせいか、「野口さんっていつお休みしてるんですか?」と聞かれることもあります。
お休みしてるんですね〜😁

今日はお休みして、旭川でイトオテルミーの施術を受けてきました。

ここの所、疲れていたし、なんだかイライラしてたし…

一緒にイトオテルミーをお勉強した助産師のゆかこちゃんと。
彼女は1月に4番目を産んでただいま産休中✨
それもつかの間😣来月には保育園に預けて職場復帰します💨
私から、メデラの搾乳器シンフォニーを借りて、母乳のみで復帰予定です🎶
せっかく二人でイトオテルミーに行ったのに、3番目が水疱瘡かも、というお電話が来て帰ってしまいました😢残念💦


急遽、施術をしてくれた先生と、託児にきてくれた先生と、ランチに行くことになりました。
🌟お二人について🌟
施術をしてくれた先生は二人目を取り上げてくれた助産師さんです。元々は私が働いていた病院の婦長さんでした。
託児に来ていただいた先生は、二人目を出産した病院のこれまた婦長さんでした。
そのお二人と、もう一人おっぱいのスペシャリストが当時次女を出産した病院にはいました。

そこで、私は本当の母子同室ということを教わりました。
家族で過ごす産後の素晴らしさを教わりました。
2歳違いのお姉ちゃんも、パパも1週間病院に泊まりました。パパは病院からお仕事に行きましたが。生まれたばかりの次女は、なんにも出ないおっぱいを吸っては寝て、吸っては寝て、ほとん泣くことなく過ごしました。
同じベッドにいたら、何にも泣く必要がない、目が覚めたら、目の前におっぱいがある、だから吸う、そんな感じでした。赤ちゃんって、お弁当と水筒を持ってくるんだということが、本当によくわかりました。何も足さなくても、ちゃんと満足して寝てくれる。そして、何も足さないから辛いのではなく、赤ちゃん泣いてしまうのではなく、ちゃんとそばにいて、胸さえ開けていれば寝てくれる…そんな素晴らしさを教えてくれたお二人です。


今の時代、出産する施設によっては、家族が一緒に過ごせるかというと、なかなか難しいかもしれないけれど、母子同室はできる病院が多いと思います。
赤ちゃんは、本当はすばらしい能力を持って生まれてくる。
生まれたばかりの赤ちゃんと一緒に過ごすことは、ちょっとしたサポートが違うだけで、とても自然なことで、ママと赤ちゃんにとっても最高に楽チンなんだよっていうことを伝えられたらいいですね〜。
彼女たちが私に教えてくれたように…




2013年03月06日 14:17

モバイルサイト

のぐち母乳育児相談室スマホサイトQRコード

のぐち母乳育児相談室モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!