のぐち母乳育児相談室
名寄市西10条南9丁目 48ー60
TEL 09086337841
 

全ての女性のために…
のぐち母乳育児相談室は、様々な年代の女性の心と体に寄り添う助産院です

0000085774.jpg

2021年11月の記事:つぶやき

河川敷 雨が降って考えた

104145459_1921823221449738_4353588134895555119_n
2020年 6月の記事です

この時も、すごく・・・難しいことは仕事であって、色々考えてた・
古い記事がどうも見れない人がいて・・・
もう一度あげます。
お暇な方読んでください。


コロナのせいだろうか・・
最近考えること、悩むことにぶち当たる・・・
年のせいだろうか・・・
胸がざわつき、復活できない・・・ことがある・・けど、そこまででもない

長文です お時間のない方、決して読んではいけませぬ・・

おととい、
河川敷を散歩していた
行きの2キロは、走ろうかなと思って、気分良く、ゲームしながら、ゆっくり走る。

帰りの2キロになった時に、突然雨が降ってきた
前から横殴りの雨で、やばい、ゲームしてるスマホが濡れる^^;
スマホを雨から守るように、私はスマホをお腹の中にしまった

前から叩きつけるように降る雨からスマホを守るように、走ってきた方、後ろを向いて、しばらく立ち止まった。

その時、突然考えた

お母さんがたもこんな気持ちなんじゃないだろうか・・・
赤ちゃんが生まれて、ぽかぽかと暖かい日差しの中で、のんびりと自分のペースだけで子育てできる人どれくらいいるんだろう

自分のペースを乱さないようにしようって思いながらも、周りの声援や、周りの期待、その日の天気に左右されて、自分のペースで走るつもりだったのに。息切れしちゃうこともあるかもしれない。

ちょうど、その前の日曜日がそうだった。なんとなく気分の良かった私は、ものすごく気温が上がった日なのに、今日は走っちゃお〜なんて、思いつき、慣れない娘のおさがりの靴を履いて、日焼け防止に、マスクをバッチリして走り始めた。
途中から、息が苦しくなって、ふくらはぎが重たくなって・・
ちょっと想像していたのと違う・・・このままじゃ、家にたどり着かないかも・・・と思った
一人じゃちょっとまずいな。と思ったところに、夫が、河川敷出口でサイドステップをしていた。
なぜ、サイドステップかは知らない。
そしたら、少し冷静になって、歩いて、前に進むことができた
でも、その日を境に、河川敷に行くことが少し怖くもなった
また一人の時に、そんな風になったらどうしようって。

そして、おとといの雨の日に戻るけど
母乳育児も子育ても、こんな気持ちなんじゃないかな
その日によって違って、とんでもない、大雨が突然降ったり、強風が突然ふいたり、
前にも進めない、って思う日があって、もう逃げたくなって、後ろを振り返ってみたけど、そっちの道に進むことも、不安と恐怖しかなくて、ただ立ち止まりたい、何も考えたくない日もあるかもしれない
河川敷は、一度入ると、ぐるっと回らないと出れない一方通行で、サイドに道が分かれるところが一箇所しかないんですよ(^_^;)

その時考えたのが、どうしよう、来た道に進もうか→イヤイヤ、そんなんしたら、もう倍時間かかっちゃうわ

頑張って前に進むか→その方がいいか、でも、結構雨もすごいし、風もすごいな。

そして、仕方なく、前に進み始める

その時感じた
多分、後ろから背中を押してくれる人がいたらきっと走りやすい!
サイドで、優しく頑張れって言ってくれる人がいたらきっと走りやすい
多分、腕をぐっと引っ張られたら、スピードが速すぎて、辛くて転んじゃうかも
沿道から、「おばちゃん、雨降ってんぞ、頑張れや」って言ってくれる人がいたら案外頑張れちゃうかも
(この日は、工事のおじちゃんみたいな人たちが、車に避難してて、多分立ち止まってる私を何やってんだ?)くらいにみてたと思う。
ゴールが少し見えたら、そこまでなら、もう少し走れるって思った
(この日は、ただいま芝刈り中みたいな旗を一本一本ゴールに見立てた)

そしたら、大きな天塩川の橋のところにたどり着き、河川敷を抜けれた!
そしたら、ゲームできるくらいの小雨になった!やった、帰りの道のりは、ドラクエウォークやろう!

家に到着、「あー疲れた疲れた、ものすごい雨でさ〜」って子供に話す
話を聞いてくれる人がいるってのも大事だな〜
聞いちゃいなかったけど。
「ママって走ってんだ」
「そうだよ、たまにね💢

そう、たまに走っただけ(いつもは歩いてる)
それで、感じたこと↓

自分のペースって大事
でも人は、ついつい頑張っちゃう
息切れしちゃうこともある
予期せぬ、困難に出会うこともある
そして、立ち止まったり、自分の道が間違ってたのではないかと思い、引き返したくなる
でも、優しく、背中を押してもらったり、伴走してもらえるとまたペースを取り戻せる
そして、必ず前に進める

私も、そんな風に、お母さんと赤ちゃんを応援する伴走者でいよう
グイグイお母さんの腕を引っ張ることのないようにしよう
お母さんの体が少し軽くなるように、後ろからそっとおしてみよう
遠くのゴールばかりを目指さないで、今目先のゴールまで一歩ずつ前に進めるようにしよう
そして、私からこっちがゴールだよって言わない、ここがゴールだよって私が決めない
ゴールを決めるのは、お母さんと赤ちゃん、そしてその家族だ
何も困ってない時に、大きな声を出さない
困った時にだけ、声援を送ろう
お母さんがたの体調がベストなように、救護室で待っていてあげる気持ちでいよう
何かあった時には、呼ばれて飛び出て、じゃじゃじゃじゃーん的な←ふるすぎて、キモいか

たかが、河川敷で雨がふった一瞬の出来事から、ここまで長くダラダラと、書いてみた。最後まで読んでしまった人がいたらごめんなさい
独り言でした 
2021年11月12日 00:00

母乳神話って???

2019年の投稿した記事です。
どうも古くなり、開けない?ようなので、再度・
なんのために母乳育児してるのか。悩む時・・・切ない気持ちの答えはなんなんだろう。
何かのお役に立てれば・・・

※長文です※
お時間のある方のみお読みください
母乳神話って?
先日、私にメールが来ました。北海道の夕方の情報番組、『今日ドキっ』で、母乳神話がお母さんがたの「重圧」になっているという特集をやっていますと。

このメールをくれたお母さんは今現在母乳育児中
少なくとも、この内容は、「なんか変?」と思ったそうです。
このお母さんは、決して、母乳育児バンザイ!な経験しかないわけではありません。

3人の子供を産み育てる中で、母乳育児においても、ありとあらゆる辛いこと、かなしいこと、切ないこともしっていて、でも、最終的に、ハッピーなことも、全てを知っているお母さんです。

私自身、テレビの内容はみれなかったのだけど…

ずっと、心にのしかかる…重圧という言葉。
誰が重圧をかけているのか?
母乳育児相談室を経営している私か?
なんて考えてみたり…

神話という言葉を調べてみたら
 1 宇宙・人間・動植物・文化などの起源・創造などを始めとする自然・社会現象を超自然的存在(神)や英雄などと関連させて説く説話。
 2 実体は明らかでないのに、長い間人々によって絶対のものと信じこまれ、称賛や畏怖の目で見られてきた事柄。

と書かれている

『今日ドキっ』で使用された神話は、多分2番

 実体は明らかでないのに、長い間人々によって絶対のものと信じこまれ、称賛や畏怖の目で見られてきた事柄。

お母さんがたは、母乳を絶対のものと信じ込まされて来たの?

まるで騙されて来たのかのような…

そうではなくて、

産んでみて、我が子に出会ったら。
「もしも、出るならおっぱいで育てたい」くらいに思ってたお母さんが、
「一滴でも多く、母乳を飲ませてあげたい」って自然に感じだのではないだろうか…

自分でも、想像もしなかった気持ちが溢れて来たのではないだろうか?

そして、自然な流れで、乳房は張り、乳汁が滲み始めたのではないだろうか?

神話なのは、そこからだ。

母乳育児支援において、助産師は、絶対的な存在であって、
胸に助産師と書いてあるネームをつけているだけで、この人の言うことを聞けば、母乳が出るんだ…と思ってしまったのではないだろうか。

私も罪深き時代があった

だからよくわかる

新卒1年目、母乳育児のことなんて、ほぼ勉強ゼロだったよ

なのに、いきなり授乳指導、なんてあたりまえ

お母さんの気持ちも考えず、根拠もなく、先輩のみよう見真似で話してた。

助産師3年、4年、5年経つと、もっともらしく、乳房を触ってたね。「お母さんが辛い時は、たまにミルクを足すのもいいね!」とか、言ってたよ。
今なら絶対言わない「寝る前にミルク足すといいかもね…」なんて。

お家に帰ってから、お母さんがどんなことに困るのか、退院するときのお母さんが、どんな不安を抱えてるのか、半分もわかってなかったとおもう。
そんな私が、1週間後に電話訪問とかしちゃうんだよ。それでも、その時は精一杯お仕事してると思ってた。お母さんの気持ちに寄り添ってると思ってた…

今思うと、本当に申し訳ない…

助産学科で習う母乳育児の講義なんて、数時間です
結局は施設のやり方、方針にならされていく。
そこに、根拠があるのか、それとも、都市伝説のような根拠のないことなのかも分からず…

授乳に困難を抱えてるお母さんがいた時。
「お母さんの乳房がね〜」とか、→じゃあ、どんな乳房ならいいんだよ👊
「もう少し赤ちゃんのお口が開くといいね!」→じゃあどうやったら大きく開くのか教えてよ👊

って思うよね。
そんな時、
子供が、うえーんって泣いて、大きなお口開けた時に、首の後ろ持って、せーのって、がぶって咥えさせるといいんだよ!って教わる

これ、教科書に、そんなこと書いてませんから。

これ間違いだよね。
うまく行くわけない方法教えるから、お母さんがたが辛くなる

お母さんがただって、誰も頭の後ろ押さえつけて授乳したいわけじゃないんだよ
毎回、毎回授乳の度に、座って、クッション挟んで、背筋伸ばしたいわけじゃないんだよ

そんなことしてたら、母乳に騙されたとかと思ってしまう

もう一度、一人ひとりのお母さんの気持ちを聞こうよ

お母さんがたは何を求めたのか…

「おっぱいが痛いんです…」って言われたら、ミルク足したいって言ったんじゃない、直接吸わすのをやめたいって言ったんじゃない
→「痛くない方法を教えてください」って言ったんだよ

「赤ちゃんがなかなか寝てくれないんです」て言われたら、
「ミルク足して寝かせてもいいですか?」って言われたんじゃなくて
「母乳をあげながら、赤ちゃんをうまく寝かせるコツはありますか?」って聞かれたんだよ

「赤ちゃんがうまく吸えなくて、乳房を嫌がってるようです」って言われたら、「乳頭保護器を貸してください」とか、「母乳をやめたい」って言われたんじゃなくて、「赤ちゃんが嫌がらないで、授乳できる方法を教えてください」って言われたんだよ。

今一度、医療者が胸に手を当て、自分の技術を見直すべき時ではないだろうか…
そして、このお母さんの気持ちにすぐに応えることのできる技術と知識がない時には、正直に伝えよう。
「お母さん、ごめんね、私の力不足で…未熟な技術で、もうしばらくお母さんを苦しませてしまうかも…」って。
「でも、必ずできるよ!できるところまで一緒にがんばりませんか?」って。

母乳育児をしているお母さんがたは、重圧に耐えて、母乳育児をしていたのだろうか?騙されてしまったお母さんがたは、そんな神話を信じて、損をしてるの?徳をしてるの?
そんなことではないのだよ。

お母さんがたへ
「私は、母乳をあげたいんです!痛くない、辛くない授乳を教えてください」って声をあげるのはどうですか…

そして、訳あって、ミルクを選択したお母さん
御縁があって、ミルク育児を選択したお母さん
自分の育児に自信を持とう!その上で、私でお役に立てることがあれば、なんでも聞いてください。
だって、子育てしてたら、母乳だって、ミルクだって、悩みは、次から次へと出てくるからね。

母乳神話という言葉に耐えきれなく、長々書かせていただきました。

2021年11月12日 00:00

モバイルサイト

のぐち母乳育児相談室スマホサイトQRコード

のぐち母乳育児相談室モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!